水琴窟の音色

興願寺の庭は「真」「行」「草」の心を持った庭で、形式的に変化する三つの格を表した庭となっております。ここではエリアごとにその要素について説明してまいります。趣向を凝らした匠の技冴える自慢の庭をご照覧ください。

 ※真・行・草についての説明はこちらへ

名称未設定 3

興願寺の庭を手掛けた藤井稔氏が「現代の名工」に選ばれました!

 

 

niwayakushi

niwahondou

niwaroji

 

 

niwawotanoshimukai

 

hana

return

 

toppage